AX

ラテンブログ

Bienvenidos ! (ようこそ) 

ラテン音楽とラテンダンス、ラテン文化のブログです。 

ラテン音楽とダンス、ラテンカルチャーを楽しもう♪

私はラテン音楽のDJです。サルサなどのラテン音楽、曲の解説、歌詞の和訳、クラブのお酒や食べ物、中南米やラテン文化について … etc. 書いてます

サルサファンやラテン音楽はもちろん、ラテン文化が好きな方、ラテンよくわからないけどピットブルやダディ・ヤンキーは好きとかラテンぽい雰囲気が好き、という方にもラテンを楽しんでもらえたらいいなと思ってます。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 DJ Lisa Lisa 

サルサ・チョケ「semaforo」カリ コロンビア

サルサチョケの曲を紹介します



「Semáforo 」  3D Corazones Feat. Casanova






歌詞は、パーティは続く、盛り上がってる このパーティの信号には赤はない! パーティつづいていくぜー

っていう内容です。


この曲がカリでかかると子供や若い子が踊り出しますよ。
こんなかんじ。
これはカリにある巨大ディスコの様子で、この曲「semaforo」がかかって踊ってるカリの女の子たちです。







カリはルンバの街でパーティアニマルがたくさんいますので、「週末にもなれば夜通し朝まで踊るぞ、飲め飲め」っていう歌が多いですよね。

ちなみにルンバといえば、掃除機(笑)や社交ダンスのラテンもありますが、キューバのルンバとコロンビアのルンバも違います。
キューバのルンバはキューバのアフロキューバンの伝統音楽とダンスですけど、コロンビアでルンバというとパーティやフェエスタやディスコやクラブに踊りに行くことです。

パリピやクラバーのことは、コロンビアではルンベーロといいます。 (← ルンバする人)。

カリの音楽の歌詞に、週末のルンバはどこ?っていったら、ダンスのパーティはどこ?っていう意味です。
もうすぐ週末だよ、ルンバしようぜ!(vamos a rumbiar) 」とは、週末だからクラブで踊り明かそうぜっていう。



サルサ・チョケはコロンビアのカリで生まれたサルサのニュースタイルのジャンルです。
サルサに、レゲトンやアフロ・コロンビアのリズムなどをMIXしてつくられました。
サルサがベースなんだけど、サルサファンにはサルサと思えない曲も多いかと思います。
けど、サルサの踊りかたで踊れますよ。

チョケで流行ったのは、サッカーW杯で有名になった ras tas tas。

これは、別のチョケのグループです。
3 corazonesというグループ。
それに featuringで casanova。

casanovaはサルサ・チョケ界では大御所です。
私が最初にカリにいた2011年にはcasanovaのサルサチョケの曲がカリで爆発的にヒットしてました。



スポンサーサイト
 DJ Lisa Lisa 

カリで流行ってるサルサ

去年から今年にかけてコロンビアのカリで超流行ってる曲で、カリではラジオやクラブなどあちこちで耳にした曲。



Orquesta Calibre  「Es Valido 」






Orquesta Calibreはカリのサルサグループで、この曲はたぶんカリのクラブでしかかかってないかも。



この曲の歌詞についてラジオで説明したんですが、説明途中で時間切れになったのでここで解説します。



曲のサビは

「La foto, El Video , La chicaneria 」  と歌っています。


写真、ビデオ、自慢屋さん、という意味。

自慢屋っていうより、マウンティング屋かな。。。

Chicaneria (チカネリア) っていうのは、自分の方がおまえ(たち)よりすぐれてると言う人のことです
(カリっ子の友人たちとこの曲聴いてたときに、chicaneria って分かる? ってきいたので、知らないと答えたら意味を教えてくれました。私が持ってる西和辞書には出てなかった)

カリもスマホ社会で、みんなスマホ持ち歩いてます。
すぐスマホで写真やビデオ撮って、FACEBOOKなどのSNSにUPするの大好き。
で、写真にみんなから 「いいね!」 ( me gusta )  がたくさんつくのを期待してる。
自撮り写真とか、あちこちフィエスタやイベント行ったりしては写真撮ってUPしまくり。
自分のほうがあんたたちよりきれいなのよ、あたしはリア充なのよ って見せつけたり。
そういう人って多いよね。

おまえらのバンドなんかより自分達のほうがすぐれてる、とOrquesta Calibreの悪口言うやつもいる。
でも俺たちはみんなが一緒に合唱できるようないい曲をもってきたよ
みんなで歌って踊って楽しもうぜ

まわりや相手と自分を比べて自分が優れてるとマウンティングしたり、
うわさ好きで陰口をたたくやつはどこにもでいるさ
だけど、悪口や批判したいやつにはいわせておけ!
自分は自分だろ
結局は自分自身のこころのもちよう次第だ
言いたいやつにはいわせておけ!




というのが歌詞の内容(和訳と解釈) です。



こういうことってカリだけじゃなくて、日本でも世界中でも同じですよね。
歌詞の内容的は日本や欧米でも共感よびそうな気が…。


歌詞も音楽もキャッチーだから、めっちゃ流行ったと思うんです。


このバンドは私の友達の友達でして、カリでライブに行きました。
月曜日の深夜なのに、会場は満員でめっちゃ盛り上がって明け方まで踊りましたよ。




 DJ Lisa Lisa 

orquesta tromboranga 来日

サルサのorquesta tromborangaが来日するそうです。

Orquesta Tromborangaは、スペインを拠点にしてるサルサグループです。

オルケスタ 「トロンボランガ」っていう名前が示すように吹奏楽器がトロンボーンばかり。


コロンビアのカリにいたときにめっちゃ流行ってました。

カリで特に流行っててクラブでもラジオでもよくきく曲が、Agua Que Va Caer。

私がカリでDJやったとき、この曲かけました。



このビデオはカリであったライブの様子です。



Orquesta Tromboranga 「 Agua Que Va Caer 」 





盛り上がってるでしょ。
ビデオの冒頭でヴォーカルに緑の旗をかけた人がいますが、この緑の旗はカリのサッカーチームのです 笑。

チャカポコチャカポコ、カンカンカンカンって打楽器の音がかなりしてますが、これは大半が客が鳴らしてると思います。
ビデオよく見ると、カンパーナっていうカウベルみたいのたたいてる人たちいますよね、カリではクラブやライブに行くときにカンパーナなどを持参する人がけっこういます。

6分42秒くらいから客が踊ってるところが少しうつってますが、これがカリの一般の人たち(サルサのプロダンサーじゃない人たち)が踊る踊り方です




 DJ Lisa Lisa 

レゲトンのmaluma

コロンビアのレゲトン界にはJ Balvinの他にMalumaという歌手がいることは以前このブログの 「コロンビアのレゲトン」  で紹介しました。


私はmaluma も J balvinも好きなんで、コロンビア滞在中に彼らのコンサート待ってたんですがぜんぜんコンサートなかったです。
コロンビアのテレビでは見たけど。
アメリカとか国外でのツアーが多いみたい。


なんとmaluma はいま、全米ヒットチャート(ビルボード)のラテン部門でトップ5にランクインしてます。



MALUMA 「EL PERDEDOR」 




このPV、アメリカで撮影したと思うんだけど、アメフト選手とかアメフトのチアリーダーとかすごいアメリカっぽい。
malumaもアメリカっぽくなっちゃって、このビデオぜんぜんコロンビアの香りがしないな。。。

この曲は個人的にはあんまりぴんとこなかったです。



malmaのサウンドはソフトで、声もセクシーだし、がつがつぎらぎらしたdaddy yankeeとかの従来のレゲトンとは違ってて、メロディアスで私は好きです。
malumaファンです☆
部屋にいるときにBGMとしてよくきいてます。



それにしても、Maluma ってイケメンで数年前のビデオではやさ男っぽかったのに、ワイルドなB系になっちゃっいましたね。
ちょっとがっかり。


以前のかわいかったころのmaluma

malma 1


malma 2


       ↓    ↓      ↓     ↓ 


現在の Maluma


maluma新2



なんか、J Balvin に似てきたような。。。。。

この写真、 J Balvin かと思っちゃったよ

maluma 新1




この曲が入った maluma のアルバム

Pretty Boy, Dirty Boy
Maluma
Sony Music Latin (2015-10-30)





 DJ Lisa Lisa 

ラテンのクラブでかける1曲の長さ

日本のサルサバーやサルサのイベントでかかる1曲の長さはほとんどが5分まで、といわれています

MAXで5分半まで。
6分以上は長すぎ。
5分を過ぎると踊ってるお客さんたちが「曲が長い」と感じ始めるからだそう。

なので6分台の曲は最初からかけないか、途中で次の曲につなぐか、もしくは編集して短くするか。

でも6分台の長い曲だけど最初から最後まで盛り上がるので曲の途中でぶったぎれないし、全部かけないと曲が完結しないものもあります。
たとえば、
東京のサルサバーでよくかかる6分以上の曲は、メレンゲのproyecto uno の「latinos」。


以前リクエストされて、pantera mambo (LA 33) (ピンクパンサーのサルサバージョンの曲)をかけたら、「あーこの曲好きだけど、長いんだよねー」という声がきこえました。
確かに長いです。 6分ちょっと。
なので5分過ぎのきりのいいところで次の曲につなぎました。



ちなみに、他のジャンルのクラブミュージック、たとえばハウスとかテクノなどでは1曲が8分とか9分です。
だから他のジャンルのDJたちからは、「ラテンは短いね」と言われます。


日本のクラブでも、中南米人が大半のラテンディスコでDJも中南米人(特にペルー人)のお店は、だいたい2分半くらいごとに曲をつなぐことが多いです。
どんな曲でも2分半たったら次の曲にノンストップでつなぐ。

レゲトン→ サルサ → メレンゲ→ ラテンダンスミュージック→サルサ 
みたいな。
短時間でどんどん変わっていくのでめまぐるしいし、短い時間のなかでつなぐからDJも超忙しい~。

ラテンってDJで一番難しいジャンルだって知ってましたか? 
MIXする技術を一番求められるんで、ラテンDJって実は一番難易度高いんです。
なかでもサルサが一番MIXするのが難しいです。
サルサ、 バチャータ、 メレンゲ、ヒップホップみたいなレゲトン、ピットブルとかのダンスミュージック、みんな違うタイプでしょ。オールミックスに近いわけです。

(中南米人ばかりの)ラテンディスコの中南米人のDJは、次にかける曲の速度を変えて同じ速度にそろえてからつないでます。それによってサルサの曲の速度も変えてしまうんです(MIXする)。

確かにDJ理論でいったらそれでいいんだけど、でもオリジナルの曲の速さを知っててそのスピードが体にしみこんだ私にとっては、「あれ? いつもより速い… 」と踊ってて違和感があります。

※ペルー人のDJといっても、日本人が多いサルサバーやイベントでプレーしてるDJの方たちは違いますよ。
これは中南米人ばかりのラテンディスコでプレーしてるDJの話です。

ラテンディスコに来る中南米人は、中南米(本国)のようにカップルやグループで来て同じ相手と何曲も踊ることが多いです。
なので、2分半ごとにノンストップで曲が変わってもOK。

私は日本で、中南米人が多いラテンディスコや中南米人ばかりのイベントでもDJしています。

ペルー人が特に曲を2分半でつなぐ傾向が強いと思います。そういえばペルー旅行でディスコに行ったときにオールミックスでどんどん曲がつながってたような記憶が。
(日本のスペイン語圏の在住者で一番多いのがペルー人でなので、ラテンディスコの客もDJもペルー人が多い。)

ラテンディスコでDJやってるDJたちは、  「MIXしないDJ=技術がないDJ」  だとみなす人が多いです。

だから、ラテンディスコでDJするときには2分半ごとに曲をノンストップでつなぐことを求められがちです。

ラテンディスコでプレイしてるペルー人のDJ(友人)を六本木のサルサバーあちこちに連れて行ったら
「なんでここのDJたちは曲を1曲通しで全部かけるの? MIXしないなんてDJに技術がないんじゃない? 」ときかれました。

「DJの技術の問題じゃなくて、日本人は1曲ごとに相手を替えて踊るしレッスンで習ったサルサを踊るので、1曲の最後の音まで踊りたいからもし曲をMIXしたら客が怒る。それに1曲終わったところで、ありがとうございましたと挨拶して次の相手を探しに行かなきゃいけないのでその時間も必要。ノンストップでつないでいったら、相手を替えたくてもそのタイミングを失うでしょ」 
と説明したらビックリしてました。

日本人で他のジャンルのDJがサルサバーにきたときも、同じことをきかれました。
「なんでラテンのDJは曲をMIXしないの?」って。
それで上記のことを説明しました。


私は個人的には、レゲトンやラテンダンスミュージック(ピットブルなど)やサルサチョケ、またはメレンゲ(特にエレクトロニックなメレンゲ)はREMIXしていいと思うし自分でもしますが、サルサはしないです。
サルサは全部通しでかけたほうがいいと思っています。



国による違いですが、

海外でサルサに行った時、カナダやオセアニアなどの白人中心のクラブでレッスンで習ったサルサを踊ってるとこでは、日本と同じように1曲最後までかけて次の曲かけてました。
1曲ごとに相手を替えて踊り、踊ったあとは、ありがとうとあいさつして相手を替えます。
(でも中南米人がほとんどというクラブに行くと、日本のラテンディスコと同じようになります。)

中南米のなかではアルゼンチンが異色。レッスンで習った踊り方で1曲ごとに相手を替えて踊る人が多かったし、1曲通しでかけてから次の曲にいってましたね。


中南米でも国や地域によって違いがあると思います。
私が行った国では、キューバ、コロンビア、プエルトリコ、アルゼンチンなどは曲の最後までかけてました。
メキシコは、町やホームパーティなどのフィエスタや祭ではMIXしてたけど、サルサバーのようなクラブでは曲の最後までかけてました。



コロンビアのカリはサルサの都市なのでサルサには思い入れがあるため、サルサの曲は1曲最初から最後まで完璧にかけます。
レゲトンやメレンゲやchokeやエレクトロニック系などはDJたちはMIXしますが、そういうDJでもサルサだけはMIXしません。

カリには一晩中サルサしかかからないクラブも結構あります。

カリでは1曲かけて、1曲が終わったらすぐ次の曲につながないで一瞬間があくときもあります。
カリは1曲踊り終わると、自分のテーブルに戻ってきてお酒を飲む人が多いから、曲間をあけてもいいのかな?
私がカリでかけたときは、曲間あけずにつないでたけど。


コロンビアのカリで今すごい流行ってるサルサの曲があります。

その曲、なんと 

7分40秒


しかも、曲のサビのあと曲が終わるまでの後奏が2分半もあるんです。
その後奏も最後までしっかりかけます。

そんな曲をもし日本でかけたら、お店からもお客さんからもめっちゃ苦情くる!!
もしかけるとするなら5分過ぎくらいで切る。

しかしカリではどこの店でもこの曲はコンプリートでかけないといけないのです。
途中で切ったらそれこそブーイングの嵐!!!

2分以上の後奏は単調でだらだらしてる感じがするので、普通の人には同じメロディがループしてるだけにきこえると思います。
途中で飽きて踊るのをやめてしまうでしょう。

DJのコントローラー(機材)にはループというのがあって同じ小節を繰り返す機能があるんですが、この曲はループボタンを押してるように繰り返してるわけじゃありません。
同じことを繰り返してるようだけど、実はだんだん演奏が激しくなって最後にがーーーーって盛り上がって、ダダンッ て終わるんです。

カリの人は楽器好きでサルサのバンドの演奏を重視してるし、カンパーナ(カウベルみたいのをたたく)とかグイロ(洗濯板みたいのをギーコギーコこする)などを家に持っててクラブに持参する人が多いです。
サルサがかかるクラブでは、カンパーナやグイロを持ってる客たちがじゃかじゃか鳴らして、どんどん盛り上がっていく。そしてクラブ全体がトランス状態になっていくんですよ。
楽器鳴らしてる人と踊ってる人とフロアが一体化して盛り上がっていくんですよね~。

こういうのは、サルサの国と言われるキューバやプエルトリコでも私は見たことがないです(私が行ったところでは)。
キューバのハバナで行ったサルサのクラブではどこもDJすらいなかったが…。

同じコロンビアでもメデジンやボゴタなどではそういうのなかったので、たぶんカリ特有じゃないかと思います。

カリの人たちは毎日サルサきいて曲覚えちゃってる人が多いんで、編集して短くしちゃったり、途中で切って次の曲につないだらブーイングおきます。
だからカリではどんなに長い曲でも最後までかけるし、途中で切ってはいけないわけです。


まあ、このようにクラブやイベント、国や地域、客層などによって、かける曲の長さやその背景も変わってくるという話でした。

 DJ Lisa Lisa 
ブログの文章や写真、歌詞の翻訳などの無断使用はNGです。copyright@ DJ LisaLisa
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR

DJ LisaLisa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。